海外旅行の専用保険

保険ってことでいろんな分野のものがあるけど、海外旅行専用の保険というのもある。今や日本人が海外へ行く機会も増えています。年末年始やゴールデンウィークなど、相当な人が海外へ行っています。

とくに今年のGWが10連休ということで話題になってますね。
今から予約しておかないとキャンセル待ちすることになりそうです。

そんな海外旅行保険ですが、クレジットカードに付帯しているものとの使い分けについて考えてみました。

カード付帯だと補償に不安がある

カードも種類によっては結構な補償が付いてることもありますが、安いカードだと補償がイマイチだったりします。とくにカード名義本人のみしか補償されない海外旅行保険となってることも多く、家族のために個別に海外旅行保険に入っておくというパターンがあるようです。

海外旅行保険に入っておけば、イザ病気や怪我したときは安心です。もしものときにお金の心配しながら病院へ行くなんてのはごめんです。まずは安心して治療を受けられる環境があることが大事ですね。海外旅行保険に入っておくことで専用の相談窓口が無料で用意されてることもあり、渡航先で困ったときにそこへ電話してどういったところに行けば良いのかアドバイスくれることもあるんです。

海外旅行保険料

海外旅行保険は1日単位で入ることのできる保険です。当然ながら解約金などはありません。必要な分だけ補償に入るようにします。

必要な分というのは、出発日~帰国日までとなります。
基本的に旅行出発前に入っておくのが良いです。

少しでも海外旅行保険を節約するために大事なことはネット保険を使うことです。
空港のカウンターなどで入ると割高になることもあるので注意しましょう!ベストは出発前にネット専用の海外旅行保険へ入ることです。

たとえば、ネット専用なら人気の台湾へ行った場合の保険料は1日あたり1,270円~で入ることができます。
(引用元:台湾の海外旅行保険プラン

こうやって見てみるとネット専用の海外旅行保険は割安だということがわかることでしょう。こちらを見る限り、出発日の申込もOKとなってるのでこれから空港へ向かうというときに自宅でスマホから手続きすれば補償が開始されるようです。

注意点はクレジットカード決済ということです。
これから海外へって方はカードナシなんて人はいないでしょうから問題ないと思われますが、念のためご注意ください。